モーハウス青山ショップの店頭にお産や子育てに関した書籍が設置しています。

これは、実は社長の蔵書

 

社長は本が大好きで、社長ブログにもよく本の話が出てきます。

DSC00800.JPG

スタッフも、興味のあるものを借りていくことも・・・

借りていく本って割りとスタッフ間で重複したりします。

今引っ張りだこなのがこの2冊。

「かわいがり子育て」と「男の子のなぞ!」

 

三歳までは思いっきり甘やかせなさい、というサブタイトルの通り、可愛がって可愛がって子供を育てるお話。

うなずけるお話もあるのですが、自分の中であまりにもこどもに色々と望んでしまっていることに気付かせてくれる、つまりママ反省しますね〜という部分が多かったです(私は・・・)

 

そして、男の子のなぞ。

なぜか、女の子のお母さんにも好評を博しております。

スタッフ連絡帳には「●●借りていきます」とか「●●返しました」という連絡をつけるようにしているのですが、返したときにはコメントを書き込むスタッフも多いのです。

女の子のママスタッフが「パパのことが分かりました!」とのコメント。

ナルホド、そう考えるとマストに読みたくなりますよね!

ぜひ、ショップで立ち読んでくださいね。