こんにちは

ママスタッフEllieです♪

3ヵ月ぶりに開催された、129日のスクラップアート

私も気になっていたのですが、この回は幸運にもシフトでショップに立つことができました!

どんな写真なんだろう、どんなイベントなんだろう、と当日楽しみにしていたのですが、それはそれはとても素敵な時間を過ごさせていただきました。

当日の様子を皆さんに知っていただきたくって、イベントの様子の写真も撮らせていただきました。

この場を借りて紹介させて下さいね!!

 

photo.JPG

まず、少し前にフォトプランツのお二人がやってきました。

あれよあれよとイベント会場を組み立てて行きます。

あっと言う間に、モーハウス青山ショップがスタジオに!!

これにはびっくり。

照明のひとつひとつを湛然にチェックして、一番キレイに撮れるように調整していたんですね!

さていよいよお客様がお越しいただきました。

カメラマンさんが写真を撮っていくのですが、

photo1.JPGのサムネール画像

「気品たかく」

「楽しく!」

「やさしく〜」などと声をかけていきます。

そのたびに妊婦さんの表情が変わっていき、どんどん撮影される意識になっていくのがわかりました。

もちろん難しいときは、おもっわず笑ってしまったりして、かわいい表情になられていたりで、見ていても楽しい撮影でしたよ!

でも、カメラマンさんはとっても真剣。

常にシャッターチャンスを逃さずに、撮られていました。

撮影の後はアートワーク。

フレームを選んで、中に飾る台紙や小物を選んで

この世に一つの作品をご自身の手で作り上げて行きます。

メッセージを書く所と、

産まれてきたベビー用のスペースが空いていて、

それぞれ後から入れる!ということになっています。

photo2.JPG

メッセージは出産後立ち会った感想を含めてパパから書いてもらおうかな?

とか、おしゃべりしながらどんどん作って行きます。

アートと言うとちょっと敷居が高いかもしれませんが、大丈夫!

写真家であり、アートワークも得意なフォトプランツのmasayo さんがアドバイスやお手伝いをしてくださるので、安心されて、参加できますよ。

masayoさんは2児のママ。

出産の写真を作品として手がけていらっしゃるそうです。

妊娠の期間が限られたもので、このアートにチャレンジできるのはお腹の本当に目立ってくる8ヶ月目、9ヶ月目、臨月の間。

そしてその期間は特に赤ちゃんが成長されているので、どなたも丸みの大きいお腹をとても、いとおしそうに支えている姿が印象的でした。

撮影風景を見ていて、そして、完成したアートを見ていて、

ああ、私もお腹が大きい頃があったな、

あんなに小さくお腹の中に収まっていたのに、今はもう一人前の子どもになったな、

大きくなってくれてありがとう、という子どもへの思いや

お産は本当にすばらしい発見の連続だったな、

って思いだせました。

そして、私もこういう風に、とっておきの時間を切り取っておけば良かったな、と思いました!

sakuhin.jpg

妊婦の皆さんは、ぜひぜひスクラップアートに参加されて見てください。

お腹の大きい時期に、あえて写真に残すというなかなか素敵に撮ってくださるので、

良い思い出になるはずです。

 

私も、2人目ができたらぜひ参加したいです!