book01.jpg

母乳相談でおなじみの竹中恭子さんが「家族のためのおっぱいとだっこ」(春秋社2010)を出版!

「おっぱいとだっこ」「おっぱいとごはん」に続く育児中のご家庭におすすめの「家族のためのおっぱいとだっこ」の出版を記念して、おっぱいクロストークを開催します。

毎月開催されている質問形式の母乳相談とはちょっと切り口を変えた、本を軸にしたクロストーク。

「家族のためのおっぱいとだっこ」は、家族を巻き込んだ育児中のストレスを上手に回避したり、乗り越えたりできるアイデア満載の本。二人の子どもを持ち、アトピーの子どもと自分の仕事を両立している竹中さん。

「社会の中の子育て」の中で一番ハードルが高い、「子連れで仕事」を実践しているモーハウス代表の光畑との対談です。

おっぱい談義に事欠かない二人による、おっぱいクロストークです。おたのしみに!

出版を記念し、なんとモーハウスの商品券が当たる竹中さんのキャンペーンも実施中。こちらもぜひ応募くださいね。

◆日 時 2010/12/6 14:30〜

◆会 費 500円(予約ください)

<竹中恭子さん プロフィール>

「よこはま母乳110番」代表、イラストレーター、ライター、まんが家と多彩な活躍の場を持つ。

1991年、育児サークル「よこはま自然育児 の会」の1991年度代表になった直後から母乳育児サークルの代表なら知っているでしょうということで相談電話が自宅に殺到。あまりの多さにこの電話を公共のものにできないかと1992年、会員有志にて無料電話相談ボランティア「よこはま母乳110番」を開設。

10周年のシンポジウムをきっかけに多い相談内容をまとめた『おっぱいとだっこ』を上梓、この作品が第九回ライターズネットワーク大賞を受賞。現在も電話相談員をつとめる。

●主な著書

「まりもちゃんのアトピー日記」(情報センター出版局)、

「まりもちゃんのアトピーライフ」「まりもちゃんの野菜クッキング」(農文協)、

「おっぱいとだっこ」「おっぱいとごはん」(春秋社)、

「赤ちゃんおやつ」(PHP研究所)

竹中恭子さんのHP http://www.marimomama.jp/index.html

よこはま母乳110番 http://www.bonyu110ban.org/

会期中は、みんな知りたいことが漫画を多用して描かれている『おっぱいとだっこ』。卒乳や食事で苦労した先輩ママたちが「もっと早く知りたかった!」と思ったことがたくさん詰まっている『おっぱいとごはん』、そして新刊の『家族のためのおっぱいとだっこ』のサイン本を販売します。


ショップからのお知らせ

 青山ショップで開催されるイベントへのご予約は、ショップ03-3400-8088へ直接お電話下さい。

 なお、接客中にお電話をいただいた場合、お電話に出られないこともございます。また、お客様からのお問い合わせが重なることもございます。申し訳ございませんが、しばらく経ってから再度おかけ直しをお願い申し上げます。

 キャンセル待ちについては、ご連絡が取れない場合、次の方にご連絡を差し上げるようにしております。前日までにキャンセル空きの連絡がなかった場合にはキャンセル空きが発生しなかったとご了承いただけますよう、ご理解をお願い申し上げます。

 メールの場合は遅配未着トラブル防止のため、頂いたメールの返信メールを送らせて頂いております。この返信メールをもって予約承りとさせて頂いております。(返信がない場合はお問合せください。)

青山ショップ新型インフルエンザ対策

現在新型インフルエンザの流行が報告されており、その対策についても基準が明確に示されるようになりました。ショップスタッフ及び講師に関しては、入店時のうがい手洗いの慣行をしております。

万が一、講師及び講師の家族の発症があった場合は、当日であっても感染防止のためイベントの中止させていただきます。その場合はショップより予約時にお知らせいただいたお電話番号にご連絡させていただきますのでご了承ください。