青山ショップでは、看護学を学ぶ3つの学校の学生さんが「実習」にやってきます。

なぜ、お洋服屋さんで実習を? と、思われる学生さんも多いのですが、

病院や産院で会うお母さんと赤ちゃんの普段の日常を見て頂き、

民間の私たちがどのようにお母さんたちを応援しているのか感じ取ってくれています。

息子は3ヶ月でも男の子。

若い女の子にちやほやされてご機嫌でした。

学生さんも、新生児を見てきたばかりだったので、

3ヶ月で人間ってこんなに大きくなるんですね!と驚いていました。

 

そして、ママたちの、病院にいかないほどでも深刻なおっぱいの悩みにもうなずいていました。

こういうことを学び取って頂くために、ご来店のお客様にもお話をいただいています。

ぜひお越しの際に学生さんがいたらお話してくださいね。